原木なめこ植菌体験 無事終了
原木なめこ

今回で3年目となった「森と清流の里しむかっぷ 原木なめこ植菌体験」

場所は前回のブログでも紹介した村内にある「なめこの森」で。

参加ボランティアと村役場、村教委、スタッフなどを合わせ約20名で、

1500本の原木に植菌作業を開始!

CIMG2686.JPG

説明をうけたら、そのまま

原木にドリルで穴を開け、

CIMG2701.JPG

 

そこに、なめこの種駒を金づちで打ち付けて、

CIMG2703.JPG

 

植菌した大量の原木を 

CIMG2695.JPG

 

きれいに並べたら作業終了です。

CIMG2705.JPG CIMG2706.JPG

 

サクッとまとめましたが、

1日がかりの大変な作業でした。

...本当に大変でした 

 

 

そんな作業が終えられたのは、

ご参加いただいた方々のご協力があったからです。

ほんとうに本当に、ありがとうございました。

 

きっと本日のがんばりにより、この原木からも

無数のなめこたちが収穫されて「なめこの森」になるはずです。

収穫期である秋をお楽しみに!

原木をなめこの森へ
原木なめこ

5月27日に恒例の「原木なめこ植菌体験」があります。

原木になめこを植菌し、それを栽培すると

スーパーなどで見かけるものとは全然違う

立派ななめこが収穫できます。

 

本日は、なめこが育てる原木を村にある

なめこの森に運びました。

 

原木は1本1本がズッシリしたものが

このように積まれています。

原木 作業前.JPG

 

積まれた原木をひたすら、、、

 

原木トラック.JPG 

 ひたすら、、、

 

原木 トラック2.JPG

 

 トラックに積み運ぶ作業を繰り返し、、、

 

 なめこの森へ!!!

原木 なめこの森.JPG 

  

移動後.JPG 

これが移動した原木たち。

ここから、今年も新しいなめこたちが原木から育ち、毎年秋には立派になって収穫できるようになります。

 

27日の植菌体験が楽しみですね!

 

 

産直野菜

道の駅内では、地元農家さんが朝一番に

収穫した野菜・山菜を販売しています。

産直野菜 イトウ.JPG CIMG2649.JPG

これから夏場にかけて、野菜のシーズンになるので、数もどんどん増えていく予定です。

鮮度・味が優れ、栄養も愛情も満点の占冠の野菜をみなさんいかかですか??

サクラマスになって、帰っておいで!

 

占冠村づくり観光協会では、5月16日、鵡川の支流にヤマメ、2000匹を放流しました。
このうち、スモルトと呼ばれるヤマメは海に下り、来年春に帰ってくるということです。

机にへび



夕方、事務所に戻ってきたら
机の上にへびの抜け殻がおいてありました(笑)

全長131センチ
頭から尻尾まで全身きれいに残ってて
とても珍しいのだそうです

財布に入れておくとお金が貯まるなど
縁起物として扱われているようですが...



けっこう怖い

指でつまむだけで精一杯です

 R